本文へスキップ

銅、真鍮、砲金、アルミニウム、ステンレス、鉛、亜鉛、電線、特殊金属、金属スクラップ買取

TEL. 06-6941-0169

〒540-0003 大阪市中央区森ノ宮中央1-7-15

スクラップ解説PRODUCT DESCRIPTION

SUS400系 13クロム 18クロム Cr 

ステンレス SUS304


SUS400系はフェライト系ステンレスとマルテンサイト系ステンレスが該当します。「13クロム」や「18クロム」、或いは単に「Cr(クロム)」と呼ばれたりします。代表的な鋼種はSUS430であり、他にも様々な鋼種がありますが大まかな値はCr(クロム)11.00~18.00%、Mn(マンガン)1.25%以下、C(炭素)1.20%以下、Si(シリコン)1.00%以下、Ni(ニッケル)0.6%以下、S(硫黄)0.15%以下、P(リン)0.06%以下となります。
 大きな特徴としてニッケルが全く含まれていない、或いは微量である事が挙げられます。最も多く使用されているSUS304はニッケル(Ni)が8~10%程度含まれていますが、400系はニッケルが含まれていないため、磁性があります。そのため磁石を使用して他のステンレスと選別する事ができます。
 ニッケルが含まれていないため、他のステンレスに比べると低価ですが株式会社八木ではSUS400系ステンレスを買取しています。お見積りは無料ですので是非ご相談下さい。

ステンレスについて

 ステンレスは鉄を主成分(50%以上)とし、炭素を1.2%以下、クロムを10.5%以上含む錆びにくい合金鋼です。英語ではstainless steel、錆びない鋼と表現されます。ステンレスは多くの場面で使用されており、用途は広範囲にわたっています。多様な添加元素によって、メーカーの独自開発のものを含めると、200種類以上のステンレスがあると言われています。

 性質
 ステンレスの特性として真っ先に挙げられるのが高い耐食性です。含有するクロムが空気中の酸素と結合し、表面に酸化被膜を形成します。形成された酸化被膜が安定する事で錆びを防いでくれます。しかしクロムが形成する酸化被膜は硫酸や塩酸といった非酸化性の酸に対しては耐食性が劣ります。そのため、ニッケルを8%以上添加し、非酸化性の酸に対して耐食性を高めています。

 成分による分類
 ステンレスは各メーカーが独自開発した製品も多く、200種類以上の様々な種類があります。JIS規格の分類ではオーステナイト系、フェライト系、マルテンサイト系、二相系、析出硬化系の5種類に大別されます。
 □オーステナイト系

 歴史
ステンレスの歴史は浅く、鉄クロム合金の特性である耐食性について最初に言及されたのは1821年のフランスであります。その後、1900年代初頭に実用的なステンレス鋼が開発されました。1912年にドイツのクロップ社の技師エドアルド・マウラーとベンノ・シュトラウスがオーステナイト系ステンレスの製造特許を取得し実用化されていきました。


株式会社八木

本社
〒540-0003
大阪市中央区森ノ宮中央1-7-15
TEL 06-6941-0169(代表)
FAX 06-6946-6269

東成事業所(計量所)
〒537-0025
大阪市東成区中道3-1-2

【営業時間】
月~金 AM8:30~PM5:00
土曜日 AM8:30~PM1:00
【定休日】
日曜、祝日